HOMEお問い合わせ

起業支援のセミナー情報満載、きらきらschool

きらきらスクール

実践力強化スクール 目標達成力向上コース コマNo.9 No.10

  • 開催:
    2019/01/15 (火)
    13:0017:00
  • 講師:倉増 敬三郎
  • 会場:
  • 会場住所:
  • 定員:10人
    残り 10席
内容:

第5日目(1月15日)第1講時目 (コマ No.9)
担当講師: 倉増 敬三郎
≪知財の基礎知識≫
中小企業経営者は限られた経営資源を有効に使って、会社を成長させなければいけません。利益を確保することだけでなく、事業運営で生じる様々なリスクに対処できるようにすることも重要です。そのようなリスクコントロールの一つとして知財戦略があります。自社に最適な知財戦略を費用対効果の観点から模索するためには、基礎的な知識が不可欠です。
(1)知的財産の一般的な話
(2)知財面でのリスクを避けるための知財戦略について
(3)知的財産に係る補助金について
 
 
第5日目(1月15日)第2講時目 (コマ No.10)
担当講師: 西野 里奈
≪労務管理の話/セクハラ・パワハラの事例≫
 企業活動を一人で行うには限界があるため、成長する企業には従業員の存在が不可欠となります。従業員は、経営者が企業活動をおこなっていく上での「最大の味方」ですが、一歩間違えると「最大の敵」ともなりえます。本講座においては、従業員を「最大の敵」としないための「労務管理」について学んでいきます。
  また、近年問題となっているパワーハラスメント、セクシュアルハラスメントについて、労務管理の観点から、何に注意すべきか、どう対応すべきかについて、具体的な事例をもとにケース・スタディで学んでいきます。
 
 概要:
1 労務管理について
(1)労務管理の意義
   (2)労務管理の重要性  ~失敗事例に学ぶ~
    (3)労務管理の基礎知識 ~経営者が意識すべきポイントとは~
  2 パワハラ・セクハラについて
   (1)パワハラ・セクハラの意義
   (2)パワハラ・セクハラの判断基準と注意すべきポイント
~なにがパワハラ・セクハラと判断されるのか実際の事例をもとに~
   (3)パワハラ・セクハラ問題が発生したとき経営者としてとるべき対応とは?
 

PAGE TOP